飯田市美術博物館での展示会

一般社団法人南信州山岳文化伝統の会による展示会が飯田市美術博物館で開催中です。期間は10月22〜27日。入場無料です。

「南信州の山岳文化、青春を賭けたヒマラヤへの挑戦」

社会人初のヒマラヤ登頂を果たした飯田山岳会のメンバーが大切に保存していた、資料や装備品を展示しています。

同時に南アルプスの魅力を伝える地元山岳画家と写真家の展示もあり、山の魅力、美しさを伝える作品が見られます。

山岳文化シンポジウム開催されました

10月21日 長野県飯田市座光寺エスバードホールにて山岳文化シンポジウムが開催されました。

当法人顧問 飯田出身で世界の山をガイドする大倉喜福がこの会の趣旨を来場者に説明し、エコなツアーを展開し全国で先駆けとなる登山スタイルを構築し地域の活性化をしていく構想を説明しました。

社会人初の初のヒマラヤ登頂を果たした飯田山岳会の記録映画とそれ合わせてイメージされたコンサート。

鼎談AKAISHI山岳文化とシャルバチュム登山ではヒマラヤ登頂を成し遂げた当時の登山隊員であった南信州を代表する研究者のお二人から語られた赤石山脈への愛の言葉でした。

世界を股にかけて活躍されている三浦雄一郎氏の「歩き続ける力」では伊那谷の素晴らしさを語られていました。

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう